先生から指導が得られる

マンガを学べる高校について

アニメ

子供のころ大きくなったらマンガ家になりたいと思ったことはありませんか。高校の進路を考えた時に、まだその気持ちが少しでもあるのであれば高校のマンガ科に行って実践的に勉強することができるのです。高校で勉強するべき教科とともに、専門家から直接技法を教えてもらうことができます。カリキュラムは高校によって違いはありますが、全日制の高校の場合は時間割の中に組み込まれています。マンガ科は、全日制と通信制があり自分に合うものを選ぶとよいでしょう。通信制の場合は、スクーリングや合宿で専門家の先生から直接、技法や描き方を習うことができます。最初は下手であっても、好きという気持ちがあれば大丈夫です。実際に在学中にデビューすることも可能なのです。

学校の特色と進路について

マンガ科になりたいと思っても、高校卒業の資格を欲しいという人のためにマンガ科があるのです。在学中に、マンガ科ではなく就職したいと思うこともあるものです。高校卒業資格があれば就職の幅も広がります。高校には、現役で活躍しているマンガ家や雑誌編集者が直接指導に来るほか、目にとまればすぐにでもデビューすることも出来るのです。シナリオの書き方や基礎的なデッサンの描き方、キャラクターの描き方などを実践的に描いていきます。通信制でも通学生でも、個別指導を受けることができます。就職先は、マンガ家やイラストレーター、絵本作家など多岐にわたります。プロとして一日も早くデビューすることができるようにきめ細やかな指導を望むことができます。