高校から学べる

高校で磨くマンガの腕

アニメ

漫画と言えば現在私達日本人にとって最も身近な芸術文化と言っても過言ではありません。漫画を描くにはイラストレーション能力や監督能力など、多様な技能が必要になります。こうした能力は幼い頃から磨いてこそ身につきますので、漫画家志望の若者は高校の頃からマンガを描くようにしましょう。専門学校ではなく、高校に通いながらマンガを描く方法とは、部活を活用する事です。現在日本各地の高校に漫画研究部が存在していますので、そうした部に入って腕を磨くようにしましょう。部活によっては一からマンガの描き方を教えてくれる場所もあります。また、部員達と同人誌と発刊する部もありますので、自ら同人誌を発刊する上でも良い経験になるでしょう。

アナログだけでなくCGも勉強する方法

高校の部活で漫画の描き方を勉強する場合、気を付けたいのは「方向性」の問題です。一口にマンガ作品と言っても、そのイラストのタッチは千差万別です。昭和から存在する「劇画調」タッチもあれば、近年人気の「萌え絵」タッチも存在しています。人様に技術を教えてもらう場合、自分自身の方向性を確立しつつ、イラストの勉強を行なうようにしましょう。特に将来的に漫画家になりたいと考えている場合、独自のタッチを追求する事はとても大切です。同時に、高校に入ってマンガ研究部に所属する場合、CGによる漫画の描き方を教えてくれる高校を探すようにしましょう。CGによる作画は、現代の漫画家にとって主流になりつつあります。特にカラーは、手描き以上にCGによる着色が一般化しています。