選ぶべきポイント

声優に才能が必要か、必要でないか

アニメ

よく声優を目指す高校生の中で自分には才能がないと思ってしまう方がいるようです。才能がなければ声優にはなれない、努力ではどうにもならないと思われるかもしれませんが、決してそうではありません。第一、才能がなくても声優になったひとはいます。才能が一言にないと言うのはおかしいですが、あまり声優に向いてないと思った方でも養成所などで一生懸命に練習して上手くなり、声優になった方はいるようです。声優になるにはセリフを感性豊かなものにできるか、表現できるかということが求められます。キャラクターなどに命を吹き込む仕事なので、喜怒哀楽をうまく表現できることがなくてはならない特性なのです。誰しもみな最初から才能があるわけじゃありません。努力して勝ち取ってこそというのもあります。ですから、才能がなくても諦めずに精進していけば秘めた才能が開花できるかもしれません。高校生の方にはそういったところも考えてほしいところです。

養成所を選ぶポイントについて

高校生の方はこれから声優になるため養成所に入ることが基本でしょう。そこで高校生が養成所を選ぶポイントのようなものをみていきます。養成所にも特徴が様々あり、しっかりと考え見極めてほしいと思っています。まず一つ目のポイントとしては、声優のプロダクションを経営している、あるいは関係している養成所であるということです。これは一番なることができる確率が上がります。成績が優秀であれば、すぐに推薦されて仕事を与えてもらいやすくなります。次のポイントは、比較的放送局や制作会社に関係している養成所や、劇団に関係している養成所を選ぶことです。制作会社に関係している養成所であればその会社の制作する作品に出演する可能性が高くなったり、劇団に関係する養成所であれば、劇団なので表現力が見に付きやすくなります。そこから関係者の方に推薦してもらい、仕事に携わることができるという経路もありうるでしょう。他にもたくさんあるので、是非調べてみるのも面白いでしょう。

先生から指導が得られる

アニメ

子供の頃からマンガ家になりたいとする人は多くいるものです。現在ではこうした子供の夢を叶える専門学校が多く存在し、専門の先生から技法や書き方が学べます。初心者でも問題なく通え、技術を向上させられます。

詳細を確認する...

高校から学べる

アニメ

漫画は今や身近な芸術文化にまで発展したものです。高校の内からこうした漫画の技術を学べる学校があります。さまざまな表現技法や絵のタッチなどの違いも学べるので、利用することができるでしょう。

詳細を確認する...